アメリカ・サンディエゴの花火大会での映像です。

独立記念日の花火大会で、用意された40万ドル分7000発の花火が
暴発して一気に爆発し、わずか15秒で全部打ち上がってしまいました。

本当は約15分間の花火ショーで
多くの人が早くから場所取りをしながら楽しみに待っていたのに
それが15秒で終わりとはがっかりですよね。。。

でも、こんな大迫力の火炎ショーはもうこの先2度と見ることは
できないので、思い出には残ったのでしょうか。

もはや花火ではなく、爆弾のようです。