決してぶつからないミニカーの動画です。

説明するのが難しいですが、赤外線センサーをつけて
前方に障害物がある場合に自動で停止する仕組みになっています。

最初は1台だけだったミニカーが次々に増えていき、
最後には。。。

最初は、ふーーんって感じて見ていても、
最後は、すっごーーーい!!

って絶対に思うはずです。

これは、自動車メーカーの「スバル」が先進運転支援システム「Eye Sight(アイサイト)」
を分かりやすく説明するために、ミニカーで表現したものです。

これが実際の全車両に搭載されたら、
交通事故はゼロになりますね。

すごいです!!

アイサイトは本来、車両の前方にステレオカメラを搭載し、
ドライバーの視点を補って車を制御するシステムです。
撮影に使用したミニカーには、赤外線センサーをつけて
前方に障害物がある場合に自動で停止する仕組みを採用しています。

これをいかして、走行中だけミニカーのマイクロスピーカーから
音楽が流れるようにしています。

約100台のミニカーは、バラバラに走っているように見えるのですが、
それぞれのスピーカーから流れる音をよく聞くと、
ひとつの楽曲になっています。